歯周病のケア管理

「虫歯」や「歯周病」といった歯のトラブルの原因は、そのほとんどが、歯と歯のすき間、歯と歯肉の間に入り込んだ食べ物のカスや雑菌によるものです。

大切なご自分の歯を、少しでも長く健やかに保つには、毎日のケアが肝要です。とりわけ「歯磨き」は、いちばんシンプルで且つ効果的なケア。
汚れを除去し、雑菌の繁殖を押さえて、衛生的な状態を保つことこそが歯を磨く目的ですから、習慣や古い知識を元に、無目的に日々の歯磨きをすることと、「汚れを落とすため」と目的を持って磨くこととでは、同じ回数を磨いても、結果の違いは明らかです。

むずかしいことではありませんから、以下のポイントをチェックして、健やかなお口の状態を心がけましょう。

歯ブラシの選び方

十分な大きさのものを選んでみましょう

歯ブラシの植毛の長さは、人さし指と中指の第一関節部分の幅を足した位のものが適当です。

そして歯ブラシで歯を擦るストロークは、小さくする事が大切です。小さめの歯ブラシが汚れを落としやすいと思っていませんか?小さい歯ブラシは自ずと歯磨きのストロークが大きくなりがちです。これは歯の摩耗を招き、歯肉を傷つけやすいと言えます。
メーカーの調査でも、適度な大きさがなくては、清掃効率が悪いことが証明されています。

歯の磨き方

ストロークは小さく

ストロークを小さくする事で、歯ブラシの毛先が歯の並びの凹凸に沿って入り込んでいきます。大きくストロークさせると、動きの速くなった歯ブラシの毛はギャップを跳ねるように歯の表面を通過するので、窪みに毛先が入り込まず、汚れを取り残してしまいます。

歯ブラシはペングリップで

ペングリップで持つ事によって、過度な力が入る事を防止でき、リストを使って磨く方法により、ストロークが小さくなります。
歯ブラシの毛先は歯と歯肉の境目に45°ないしは直角に当てると良いでしょう。

最近では、歯と歯肉の境目にあるポケットと言われるすき間に、歯ブラシの毛先が入りやすいように細く工夫された物が、各社から販売されています。

歯と歯肉の境目を重点的に

歯と歯肉の境目に歯ブラシの毛先が当るように磨きましょう。この際の力加減はご自身の爪と生皮の境目を毛先で押さえた時に痛くない程度が適当です。

歯肉炎を起こしている場合は、歯肉からなるべく出血をさせないよう、優しく丁寧に磨いてください。炎症を起こしている歯肉の血行を改善する事が、治療的な歯磨きでもっとも大切なことです。「歯肉から出血しても構わないので、どんどん磨きましょう」などと言うのはもってのほかです。むやみに出血をさせて磨けば、歯肉は感染を起こして、炎症を増悪させるだけです。

お勧めの歯磨

歯を白く保ちたい方には、アメリカ、レンブラント社のホワイトニング・プラスをお勧めしています。この歯磨き剤は歯を白くする成分、過酸化尿素を含んでいるため、積極的に歯を白くすることが期待できます。また、歯の表面についた汚れの膜を除去する効果も高いので磨いた後がつるつるした感触です。同時に、フッ素も含まれており、虫歯の予防効果も併せ持っています。

当院ではホーム・ホワイトニング後のメンテナンスに利用していただいております。